毛皮の豆知識

えっそうなの?毛皮の豆知識を紹介!

毛皮はいつの時代から着られていたものなのでしょうか。毛皮の歴史など、毛皮の豆知識について紹介していきます。

 

毛皮の豆知識

 

 

毛皮の歴史は、旧石器時代から?!

 

毛皮を着るという文化はいつ頃から発達したのでしょうか。人類は旧石器時代には、動物の皮をなめした毛皮をきて、日々生活していたといわれています。毛皮を着て寝たり、狩りに出かけたりしていました。洋服を着るという概念のなかった時代からも毛皮は暖を取る着物として重宝されていました。日本における毛皮文化の始まりは、西暦730年頃に中国から持ち込まれたセーブル(テン)の毛皮が最古となっています。日本では一般的には毛皮の普及は進まず、美智子妃がサファイヤミンクをお召しになっていたのが、人気になったきっかけと言われていますので、ごく最近のことの様子です。一般的に普及するようになったのは、昭和45年頃でありましたが
その当時から毛皮は高級品だったため、いつかは毛皮がきたい!という男女が多くいたということです。

 

毛皮の豆知識

 

 

毛皮のオスとメスの違い

 

ミンクをあげてみますと、オスはショールを中心として、メスはコートに多く用いられています。オスはメスに比べて体が大きく、多くの場合は体長が60~80cmです。刺毛が長く、皮も厚く、耐久性に優れていることが特徴となっています。メスは、オスよりも体が小さめで、体長は40~60cmとなっています。オスよりも毛の密度が高く柔らかい皮はとても肌なじみのよい毛皮となります。オスかメスかによっても、毛皮の質は違うのですね。

 

毛皮の豆知識

 

 

 

人気の毛皮

 

人気の毛皮の代表は、フォックス・ミンク・ラビット・ラクーンなどです。この中ではミンクが一番良質で高価な毛皮となっており、その次が、フォックス・ラビット・ラクーンの順番になっています。ラビットは価格がお手頃な分普段使いで使える毛皮となっています。ラクーン(アライグマ)はラビットよりも固めでしっかりしたつくりになっている毛皮です。フォックスにおいては、染色しなくても、シルバー・ブルー・レッドと様々な色を楽しむことができます。ミンクは柔らかくて温かい衣服にはぴったりの毛皮です。

 

毛皮の豆知識

 

 

 

毛皮の豆知識のまとめ

 

毛皮の豆知識について調べていきました。毛皮には様々な種類があって、とても暖かく保温性も高く、毛並みも
柔らかくてエレガントな雰囲気がします。オスとメスでも毛質に違いがあり、用途が違う場合があるのですね。
日本で毛皮が流行りだしたのは、最近なのですね。暖かい気候のときもあるので、あまり毛皮は流行らなかった
のでしようか。

 

毛皮の豆知識

 

毛皮買取トップページへ