毛皮査定の前に自分でメンテナンス

毛皮査定の前には簡単に自分でメンテナンスしよう

毛皮を売ることを決意したら、売る前に自分で少しメンテナンスを行うと高額査定につながります。

 

毛皮,メンテナンス

 

 

毛皮のメンテナンス(お手入れ)をしておこう。

 

毛皮の売却を決めたら、毛皮のお手入れを今一度しておくといいですね。

 

@ 湿気を取り除く
着用後は、ハンガーにかけて風通しのよいところにかけて置き、汗などをとばしておきましょう。
そのシーズンはもう着ないという場合には、すぐにクリーニングに出すのもいいですね。

 

A ほこりや汚れを落とす
軽くたたいたり、ふったりして、ほこりやよごれは落としておきましょう。
片づけるときには、クリーニングに出して、毛皮専用の洋服袋などが売られている場合もあるので、
それを利用されてもいいかもしれません。通気性のよい袋に入れ替えるようにしてください。

 

B ブラッシングする。
洋服ブラシで毛並みにそってブラッシングを行っておきましょう。
保管するときには、吊るして収納しておきましょう。

 

いろつやが悪くなるので、直射日光には当てないように注意してください。

 

 

片づけるときには余裕をもって

 

毛皮をクローゼットに片づけるときには、余裕をもって片付けるようにしてください。
ぎゅうぎゅう詰めにしてしまうと、せっかくの毛がつぶれてしまいます。
毛皮に汚れがついている場合には、おしゃれ着洗いの洗剤を使って、規定量の洗剤液を作り、
タオルに洗剤液を浸して固く絞り、まずは毛並みとは逆に、そして毛並みに沿って
なでるように拭きましょう。タオルをもう一枚準備して、水に浸して固く絞り、洗剤液で
ふいた部分を同様に拭いていき、洗剤を落としてください。
風通しの良いところにおいて、陰干しして自然乾燥させましょう。
毛並みに沿って、ブラッシングしておいてください。
ドライヤーや暖房器具を使って乾燥させることはやめましょう。

 

毛皮,メンテナンス

 

毛皮査定のメンテナンスまとめ

 

査定に出す前にできるお手入れ方法について調べていきました。査定されるときには、素材も大切ですが
その保存状態も査定額に大きく影響しますので、毛皮などもクリーニングに出して、通気性の良いカバーに
入れ替えて、吊るして収納しておくなど気を付けておくといいですね。毛皮は直射日光と湿気を嫌いますので、陰干しなどをして、湿気を払ってあげることが必要です。防虫剤なども一緒に入れておくといいですね。
ブラッシングなどをしておくだけでも違うと思いますので、一度毛皮の状態を確かめた上で、査定に
出すといいと思います。

 

毛皮,メンテナンス

 

毛皮買取トップページへ