チベットラム毛皮

チベットラム毛皮の特徴

 

チベットラム毛皮

 

チベットラム毛皮

 

チベット産のラム毛皮で日本では錦綿羊とも呼ばれています。毛の短いモンゴリアラムの変種です。チベットラムの特徴は毛の質感です。

 

ラムの中でも特に毛足が長く、くるくるとカールしています。カジュアルなスタイルとの相性がよく、様々なカラーに染色して使用されることが多くなっています。錦綿羊はもともと、ヤギの毛皮を加工したものですが、チベットラムで代用されたので、錦綿羊となっています。ラムは生後1年以内の子羊を指します。
チベットラムの毛皮は毛皮の中でもかなり長い部類に入ります。また、かなりの毛量があるので、少しの皮でもボリュームが得られます。自然なカーリーヘアーが演出できるドールウィッグとしても人気です。

 

好みの長さにカットしたり、髪をすいたりして独自のヘアアレンジが楽しめます。かわいいドールヘアーになりますね。ところどころ、刺し毛と綿毛の風合いで、ナチュラルな色合いを楽しむことができます。様々な色で染めたチベットラム毛皮が流通していますので、自分の好みの色のチベットラム毛皮を選ぶことができます。毛先を白く残したスノートップ染めで、冬の景色にマッチします。カジュアルな服装に似合う毛皮であるので、若い層からも人気の毛皮となっています。

 

チベットラム毛皮,特徴

 

毛皮買取トップページへ