カラクルラム毛皮,特徴

 

 

カラクルラム毛皮

 

カラクルラム毛皮

 

カラクル種のヒツジの総称です。ペルシャラムあるいはアストラカンとも呼ばれます。産地によっては南西アフリカ産のスワカラのように商標名がつけられているものもあります。毛色が黒色がほとんどで、他に、グレーや茶色、白色があります。
毛は刺し毛がなく、綿毛だけで構成されていて、毛丈の分類では極短毛および短毛で、巻き毛の形状により様々な美しい斑紋がみられるのが特徴になっています。
その巻き毛の形状や毛足の長さによりタイプ別に分類され、特に毛足が短く軽量なものは「ブロードテール」と呼ばれています。

 

ブロードテールには、ソフトな短い巻き毛ウエーブが特徴のロシアン・ブロードテールや、カラクルラムに似た光沢のあるアメリカンブロードテールなどがあり、いずれもかなりの高級品となっています。くるくるとしたカーリーな毛並みがとてもかわいらしくエレガントな雰囲気になっている毛皮です。
カラクルラムはラムの中でも高級品になるため、買取価格も高くなる傾向にあります。

 

コートの襟などにカラクルラムが施されているとその斑紋が美しく、目を惹くコートになっています。
漆黒の黒のカラクルラムは上品な輝きを放ち、個性的な表情を見せている毛皮となっています。

 

カラクルラム毛皮

 

毛皮買取トップページへ