リス毛皮

リス毛皮の特徴

 

リス毛皮

 

リス毛皮

 

リスの毛皮は毛が短く、やわらかくて緻密です。

毛皮は加工されずにそのまま使用されることが多いです。

色は背中側がグレーで腹側が白というのが一般的で、リスの生息地域によっても、色の濃淡の差があります。欧州からシベリアに生息しているリスが毛皮として使われることが多いです。

世界各国に分布しているリスですが、今では70種類以上におよんでいます。最高品質と言われるリスの毛皮は、ブルーグレー色をしたシベリア産のロシアリスで希少価値が高いといわれています。

もともとは自然の色のままで加工されることが多いですが、ロシアリス以外のものは茶色に染色して用いられることが多いです。リスの毛皮はもともとは王族や貴族の毛皮として多く装飾品に使われてきました。

白やグレーの気品のある毛皮の色からも高級感があり、上流階級の人に好まれていました。現在では柔らかく軽いので、コートのライナーや衣類の装飾として使われることが多いです。
リスの毛は緻密で柔らかいので、化粧品の筆などに使用されています。

リスの毛で作られた化粧品の筆を使うと顔にむらなく化粧が仕上がったり、ナチュラルに化粧が仕上がるということから、高級品として人気があります。

 

リス毛皮

 

毛皮買取トップページへ