エンバ毛皮

エンバ毛皮

 

エンバ毛皮

 

エンバの毛皮

 

エンバの毛皮は1947年に兵庫県氷上郡でスタートした植野物産商会の毛皮です。
今は倒産していますが、現在も継承されている程の人気のある毛皮ブランドとなっています。
エンバには、ミンクやセーブル、フォックス、リンクスキャットなどの毛皮があり、今でも根強いファンがたくさんいるブランドになっています。

 

そのため、今でも中古市場ではエンバの毛皮は頻繁に取引されており高価買取されているブランドです。
企業自体はなくなっていますが、その確かな高級素材は今も定評を得ている素晴らしい毛皮ブランドとなっています。
エンバの毛皮はその素材の良さで人気があります。柔らかく肌触りのよい素材を取り扱っており、洋装だけでなく和装にも似合う毛皮であるため、様々な顧客のニーズにマッチする毛皮となっています。

 

エンバ毛皮

 

日本初のブランドになっているので、海外で生産されたもので体に合わなかった方でも、丈が短くウエストも小さめにできていますので、着用すると顔になじみ、日本人向けに作られている毛皮となっています。
エンバ毛皮はフェイク品も出回っていますが、エンバの毛皮は上質なものを使用しているので、フェイクのものとは毛質なども異なりすぐに分かるようになっています。
エンバのタグが付いていることも多いですので、参考にされてください。

 

エンバ毛皮

 

毛皮買取トップページへ