コヨーテ毛皮

コヨーテ毛皮の特徴

 

 

コヨーテ毛皮

 

 

コヨーテ毛皮

 

北米の草原に生息するプレーリーウルフとも言います。イヌ科の動物になります。
日本ではオオカミとも呼ばれていますが、正しくはウルフ(Wolf オオカミ)とは異なります。

 

 

コヨーテ毛皮

 

生息地により、毛質や毛色にはかなり差がありますが、毛色は黄色味がかった灰色か、暗灰色です。
刺し毛は柔らかいものから硬いものまで幅があります。綿毛の密度は、ブルーフォックスに比べるとやや少なくなっています。ワイルドな見た目とバサバサと粗い毛質が特徴です。

 

力強さとルーズな印象を受けるコヨーテ毛皮はメンズファッションで重宝されている毛皮の一つです。触感は毛は硬く、なめらかさもまるでありません。

 

オオカミはワシントン条約で取引に制約がありますが、コヨーテは制限なく、使用されています。シルバーアクセサリと一緒にお店に並んでいるコヨーテの毛皮はワイルドさがありますね。フォックスなどと比べると、匂いがするものもあるということですので、巻いたときのにおいなどには気を付けてください。男性用のダッフルコートのフードなどにコヨーテの毛皮が使われることがよくあります。フォックスやラビットとは違う荒々しい男性らしい雰囲気のするコートになりますので、おすすめです。

 

コヨーテ毛皮

 

毛皮買取トップページへ