ビーバー毛皮

ビーバー毛皮の特徴

 

 

ビーバー毛皮

 

ビーバー毛皮

 

北米の川や湖に生息し、ダムを造ることで有名な動物です。
抜き毛や刈り毛をし、染色して活用されることが多いです。現在ビーバーの毛を産出している国は、アラスカ・カナダ・北アメリカが中心です。

 

 

ビーバー毛皮

 

ビーバーの毛皮の質感は、刺し毛は黒っぽいこげ茶色から赤褐色がベースでやや硬いのが特徴的です。しかし、内側にある綿毛は白っぽく、柔らかくて密集しています。

 

そのために、ビーバーの毛皮は、内側の綿毛を中心に用いられることが多くなっています。ビーバーの毛皮はとても上品で風合いのある毛皮となっています。また、水生動物特有の水を弾き、耐久性の良い毛皮であることから、多くの装飾品に使用されています。
ビーバーの毛皮は加工や着色もしやすいことも特徴の一つです。
毛皮として使用されるほかにも、セーターのようなカジュアルな風合いに仕立てることも可能です。

 

着用すると、保温性や質感がとても良いのが特徴です。毛皮ならではの質感や柔らかさやつやも感じられるので、ビーバーニットとしても人気のある一品となっています。ビーバーは水辺に住む動物ですので、その毛皮は水などには強く耐久性は期待できますね。加工しやすい素材であることも、帽子やニットなど様々な装飾品に使われる一つの理由となっています。

 

ビーバー毛皮

 

毛皮買取トップページへ