毛皮の保存,保管方法

毛皮の保存・保管方法!最低限これだけは知っておきたい

着用した毛皮はどうやって保存・保管するときれいに保つことができるのでしょうか?
調べてきました。

 

毛皮の保存.保管方法

 

 

 

着用後の毛皮のお手入れ方法

 

家に帰ったら、太めのハンガーにかけて、その状態で手で軽く払ったり、何度か静かに振ったりしてホコリを落としましょう。
次に、手でなでるようにブラッシングします。

 

必要に応じて、動物の毛ブラシで軽くブラッシングをするなどして、毛並みを揃えます。
金属製のブラシやナイロンのブラシを使うと、静電気が発生して毛がからまったり、ほこりを吸い寄せたりするので、注意しましょう。
お手入れ後は、そのまま風通しの良い場所につるして日陰干しをします。色つやが悪くなりますので、直射日光は当てないようにしましょう。

 

毛皮の保存.保管方法

 

 

 

状況別お手入れ方法

 

雨や雪に濡れた時
乾いた布やタオルで丁寧に拭き、しっかり水分を吸い取ってから、太めのハンガーにかけて自然乾燥させます。熱は毛皮には大敵なので、ストーブのそばで乾かしたり、ドライヤーで乾かすことは避けるようにしましょう。

 

毛癖がついた時
ぬるめの蒸しタオルで毛先を湿らせ、毛の流れの方向に軽くブラッシングして毛並みを整えます。(皮までぬらさないように気を付けましょう。)その後は陰干しで自然乾燥させます。ドライヤーなどで乾かすのはやめてくださいね。

 

ジュースやコーヒーをこぼしたとき
ディッシュペーパーで水分をふき取ってから、かたく絞った蒸しタオルでたたくように汚れをふき取ります。
汚れが落ちたように見えても、糖分が残っていると虫食いの原因となりますので、しっかり汚れを落とすようにしましょう。

 

毛皮の保存.保管方法

 

 

 

シーズン後の毛皮の保管方法

 

シーズン後に毛皮を保管する際には、ほこりをとって、動物の毛ブラシでブラッシングしたのち、空間に余裕のある場所で、保管しましょう。また、通気性がよく、直射日光の当たらない暗冷な環境で保存しましょう。毛皮は虫に食われやすいので、防虫剤を一緒につるしておきましょう。

 

 

 

毛皮の保存・保管方法まとめ

 

毛皮の保管方法について調べていきました。毛皮を保管する際には、防虫剤に触れると変色やにおいの原因となりますので、薄い紙や布につつむなどして、保管するようにしてください。狭いところでぎゅうぎゅうづめに
保管すると、毛がつぶされてぺったんこになったり、毛が寝てしまったりするので注意が必要ですね。
シーズン後に片づける際にも、ほこりや汚れなどをしっかりとっておき、毛皮をブラッシングして、保管するといいですね。

 

毛皮の保存.保管方法

 

毛皮買取トップページへ