ラビット毛皮

ラビット毛皮の特徴

 

 

ラビット毛皮

 

ラビット毛皮

 

南欧が原産のラビットになりますが、家畜化したものが世界各国で見受けられます。
毛色の種類が多く、それぞれの種類ごとに名前が付けられています。代表的なものは、シロウサギ(白色)、チンチラウサギ(灰青色)、ゴマウサギ(灰褐色)、ゴールウサギ(淡褐色、ベージュ色)、クロウサギ(黒色)、ブチウサギ(異なる色が混じっている)。

 

 

ラビット毛皮

 

毛の一部分が細くなっているために折れたり切れたりしやすい毛質でありますが、シェアード加工することにより、その欠点は解消されます。ラビット毛皮は耐久性は低いですが、染色が容易であり、比較的安価な素材になるので、利用範囲は広くなっています。ラビット毛皮は毛の長さは短く、毛皮の中でも軽いです。

 

カラーバリエーションも豊富なので、ファーなどはラビット毛皮を用いたものも多くなっています。毛が抜けやすいというのが難点であります。コートやブーツ、マフラーや帽子などファッション小物にも多く使用されているのがラビット毛皮の特徴となっています。ラビットファーはデザイン性にも優れていますので、様々なシーンで活躍します。

 

また、比較的安価で手に入るので、若い人でも手軽に楽しめる毛皮となっています。からバリエーションが豊富であることが特徴ですが、人工で染めたのではない自然な色合いが楽しめることも魅力になっています。
ラビット毛皮

 

毛皮買取トップページへ