レオパートキャット毛皮

レオパートキャット毛皮の特徴

 

 

レオパートキャット毛皮

 

レオパートキャット毛皮

 

レオパートキャットとは南アジア、マレーシアに分布するベンガルヤマネコのことです。
黄褐色から淡褐色の地に黒褐色の斑紋があるのが特徴です。毛は短く柔らかいものとなっています。

 

レオパートキャット毛皮

 

現在は同じ種類のものでも、ワシントン条約で規制されているものがあります。
日本国内では、「種の保存法」に基づき、展示・譲渡する場合には登録票を添付する義務があります。ヒョウ柄の素材としてよく用いられるものではありますが、養殖ができないために希少価値が高いです。コートの価格だと150万円ほどのものがあります。
現在市場に新品として出回っているレオパートキャットの毛皮は人工的に作られたものが多いです。染色加工されているものがほとんどとなっています。人工的に作られた毛皮であっても、模様や柄の美しさから人気は高く、デザイン性がとても高いものとして取引されています。

 

今は、ワシントン条約で規制されているこれらの毛皮ですが、この先、数が増えることで昔のような美しい毛皮にお目にかかることもあるかもしれません。ヒョウ柄の毛皮は昔から人気のある商品となっていますが、本物の豹やベンガルヤマネコで作られたレオパートキャット毛皮は大変希少価値の高い高価な毛皮となっています。

 

レオパートキャット毛皮

 

毛皮買取トップページへ