リンクスキャット毛皮

リンクスキャット毛皮の特徴

 

 

リンクスキャット毛皮

 

リンクスキャット毛皮

 

北米からメキシコ中部にかけて生息しているヤマネコ。大山猫であるリンクスと似ていますが、リンクスに比べると小型で、毛足もやや短いです。斑点はより鮮明になっています。
リンクス同様に、腹側が美しく、価値も高くなっています。リンクスキャットの毛は長く密集していて、とても柔らかいことが特徴となっています。

 

しなやかさがあり、柔らかいので、着心地がなじみやすく人気の毛皮となっています。背中の部分には、淡い褐色に暗褐色のまだら模様があるので、見分けがつきやすいです。
ミンクやチンチラと比べると、知名度は低い毛皮になっていますが、まだら模様の美しさを愛するファンも多い毛皮です。

 

柔らかな質感と褐色系の色合いが人気のリンクスキャットの毛皮となっています。普通の毛皮の場合は、腹の部分はメインで使いませんが、リンクスキャットの場合には、腹側の白い美しい毛並みを使用して製品が作られています。
腹だけで作られたものをベリーと呼び、価値も1000万円を超えるものも多く、毛皮の中では、最も高価な種類に属しています。リンクスキャットの皮質は腹以外は意外に厚くなっています。ベリーは別にして、リンクスキャットのコートは重さがあります。背中の厚みの部分を使うためです。

 

リンクスキャット毛皮

 

毛皮買取トップページへ