チンチラ毛皮

チンチラ毛皮の特徴

 

チンチラ毛皮

 

 

チンチラ毛皮

 

チンチラは短毛で、刺し毛は退化しており、毛の密度が高く、絹のようなやわらかい手触りの毛皮となっています。
元々はペルーやアンデス山脈にしか生息しておらず、非常に高価な毛皮として取引されていました。1300年頃にチリ北部である南米海岸に生息していたチャンチャ族と呼ばれる部族が高地にいる動物を食用にしていたことが起源と言われています。

 

 

チンチラ毛皮

 

その中にチンチラいて、その毛並みなどから、衣服や寝具として使われだしたことがきっかけとなっています。チンチラは今では、アメリカなどで養殖されるようになり、養殖種が毛皮に使用されています。作られているコートなどはほぼ養殖されたチンチラの毛皮を使っています。

 

皮は軽いものの、きわめて薄く、耐久性は低く、繊細さのある贅沢な毛皮となっています。毛色は背中の部分が青黒色から黒褐色、腹部は青灰色となっています。チンチラとはネズミに似た齧歯類の動物です。

 

毛皮は滑らかな肌さわりで綿毛の密度も濃いものとなっていますが、デリケートで取り扱いに注意が必要です。保管の際にも注意してください。あまり濡らしたりすることがないようにしましょう。チンチラの毛皮を買取る際には非常にデリケートな素材であるためにその保存状態や保管状況なども加味されるということです。

 

チンチラ毛皮

 

毛皮買取トップページへ