ミンク毛皮

ミンク毛皮の特徴

 

ミンク毛皮

 

ミンク毛皮

 

柔らかな肌触りが特徴のミンクは、毛皮の女王とも呼ばれています。綿毛が密生しているために、保温性に優れています。光沢に富んだシルキーな刺し毛は耐久性に優れており、衣料用として優れた特性を持っています。
染色しやすいので、色のバリエーションが非常に豊富であり、美しい光沢とエレガントな風合いが多くの人を虜にしています。1931年に最初のミューテーションミンク(突然変異ミンク)が出現して以来、それまで、濃褐色しかなかったミンクに豊富な色の種類が加わり、今では40種類が生産されています。

 

オスは体が大きく、ふわふわの豪華な毛並みがそろっているので、ストールやファーなど豪華な装飾品に使われることが多いです。メスは毛量は少ないですが、質感・軽さに定評があり、コートなどに使われることが多いです。高級なミンクのコートには、外側はオス、内側はメスと使い分けがされているコートもあります。

 

高級なミンクには名前が付けられています。アメリカの「ブラックグラマ」、カナダの「マジェスティック」などがあり、保証書などがあると高額で取引される品種となっています。ミンクのコートといえばとても有名なものですね。暖かくて手触りも抜群です。

 

ミンク毛皮

 

毛皮買取トップページへ