毛皮の歴史

毛皮の歴史!知ってためになる雑学

毛皮にはどんな歴史があるのでしょうか。
紹介していきます。

 

毛皮の歴史

 

毛皮の歴史

 

人類は古代より毛皮を防寒着として着用していました。狩りをして暮らしていた頃から寝るときなどにも毛皮は愛用されていました。
毛皮には古い歴史があるのですね。
古代エジプトやローマ時代には毛皮は権力の象徴としてまた、中世では王族のステータスシンボルとして毛皮は活用されていました。
19世紀中ごろには、ファッションとして大きく発展を遂げました。

 

毛皮の歴史

 

 

日本における毛皮の歴史

 

毛皮の歴史

 

日本では古代より中国から毛皮が伝わったと入れています。聖武天皇の時代、西暦730年頃に貢物として黒テン(セーブル)があったというのが記録に残っています。しかし、欧米や中国北部のように、防寒として必要に迫られることもなく、獣の肉を食べる習慣もなかったために、毛皮の文化はあまり発達しませんでした。

 

日本におけるファッションとしての毛皮の流行は、昭和34年に皇太子妃の美智子妃殿下がご成婚の際に着用されたサファイヤミンクが始まりです。日本における毛皮の流行は歴史が浅く、気候風土からも毛皮は必需品ではなかったため、毛皮は身分や地位を表すステータスシンボルの意味合いが強く、昭和45年くらいまでは敬遠されていました。
昭和45年以降、コートとして毛皮が浸透し始めるとファッションとしても毛皮は取り入れられ一般人の間でも毛皮が着られるようになりました。

 

この時期には、日本の経済の安定もあり、毛皮もファッションとして受け入れられるようになったと言われています。

 

毛皮の歴史

 

 

近代における毛皮の用途

 

19世紀と20世紀前半の経済の発展によって、毛皮の輸入の需要が出始め、毛皮動物の養殖も始まりました。
最初はキツネが養殖され、次にミンクが養殖され始めました。毛皮の表使いに用いられたのは、19世紀後半になります。表使いが主流となるのは、第一次世界大戦後です。1960~1970年代の技術革新により、それまでの様々な毛皮の常識が覆されました。

 

毛皮の歴史

 

 

毛皮の歴史まとめ

 

毛皮の歴史について調べていきました。毛皮は昔から地位や権力、富などのステータスシンボルとして扱われており、一般庶民にはなかなかなじみの薄いものだった様子です。産業革命が起こって、技術革新とともに、毛皮も世界で扱われ始めて、日本でも毛皮のコートなどを着る習慣ができるようになったのですね。
日本は温暖な気候の時期も多いので、毛皮はあまり必要なかったのかもしれません。今ではファッションの一つとして、コートやファーなどに多く使われていますね。

 

毛皮の歴史

 

毛皮買取トップページへ